« 2022年4月27日 | 日記TOP

2022年5月27日

●瀬戸内寂聴さんのこと

5.29日(日)朝9時30分、FM沖縄『EPO風と海と空と』
Radikoプレミアムなら一週間いつでもどこからでも!
今週は、『そこまでしなくても?』『瀬戸内寂聴99年生きて思うこと』
という映画のご紹介の話題です。
寂聴さんとは、過去2回、
京都の寂庵で直接お話をする機会がありました。
1度目は対談、2度目はプライベート。
お酒とおいしいものがお好きな方でした。
私は、まだ、30代のはじめだったかなあ。
寂聴さんは、彼女の目に映る私に、
多くのヒントとアドバイスをくださいました。
本当に貴重な体験でした。
 映画上映にあたり、映画を作った中村裕監督から、
映画の内容について少しお知らせをいただいていました。
殺伐としたニュースが流れる中、この作品は、
私の心を本当に気持ちの良い場所に連れていってくれました。
 人は、揺れたり、迷ったり、止まったり、
暴走したりします。
そんな人間のありようを受け入れ、
情熱と、感謝と、懺悔と、許しを、作品に込め、
ご自身の痛みをも、
小説を通じて昇華させていらしたのだと思いました。
 歌を作る私に、彼女は、こうお話ししてくださいました。
「EPOちゃん?別れた人のことを歌にする時はね?
実物よりもいい男に描いてあげなくちゃだめよ。
そのほうがいいの。私はね、いつも、そうしてるの。」
と、少女のような笑顔で、日本酒をぐびっ。
久しぶりに、人生の大先輩から、
黄金言葉をご教授いただような、とてもよい時間でした。
見て良かった...。
心の底からそう思えた、久しぶりの映画でした。
実際には、今日から上映だそうですね。
瀬戸内寂聴さん、映画を撮られた、中村裕監督に、
心から感謝をお伝えしたいです。
EPO 風と海と空と|FM-Okinawa エフエム沖縄 - 87.3MHz