« みなさん、いかがお過ごしですか? | 日記TOP

2020年7月27日

●辛抱を楽しむ

自分自身を幸福な周波数にキープすること。

免疫を上げるのに、とても必要な気がします。


基本的に2月からは、自粛生活となっている日々。

毎日の音楽制作に集中したり、自然の中を歩いたり、

海で泳いだり、早寝早起き、

内臓に負担をかけない食事の仕方を工夫しながら、

留学当時の、

2007年の頃の自分のコンディションに近づきつつあります。


コロナウイルスについては、正しく恐れていますが、

1日のうちのほとんどはそのことを忘れています。


音作りに集中していると、

そういう地球とは全く違う次元に自分が移行しているからです。


沖縄も急に感染者が増えています。

この感染症は、自分と他者、

他の地域で暮らす人たちのことや、

その場所のことを思いやる愛についても、

たくさん試されているように思います。


愛を忘れた自己愛的なエゴの集団無意識と、

自分と他人への思いやりを前提に、

自分の生き方を表現したり、

行動したりしている人たちの、

愛前提の集団無意識が、

今、日本中でせめぎあっているように思います。


そんな折、心配事がおきました。


「沖縄?全然、問題ないですよ?感染者もいませんし。」と、

旅行会社の人に言われ、

夏休みを沖縄で過ごすことになった親戚に、

私は、「沖縄には今、こないほうがいいよ?もしも、いらしても、

私たちは、大きな仕事を控えているので、

みなさんにはお会いできないかも」


と、愛から伝えました。

「じゃあ、離島にしようかな」


「ごめんね。離島は本当に行かないで。」


と、愛からそれは何故なのかを伝えました。


「旅行会社は問題ないと言ってたけど」

「旅行会社は、そう言うと思うよ?」

「じゃあ、9月に変更しようかな」

「その頃は、日本は、もっと悲惨な頃になっていると思う。」

と、再度、愛から伝えました。


コロナに関する意識は、

本当に人それぞれなんだと思いました。


その危険度をどれぐらい肚に落とし込めるかどうかは、

その人の環境や、地域や、

触れる情報によって本当に違うんですね。


せっかくの夏休み、沖縄旅行を楽しみにしてくれていたのに、

私が、どんなに愛から、

「来ないで欲しい。」と伝えたとしても、

みんなのがっかりを想像すると、

とても寂しく、切ないことでした。


でも、私は心の声に従うことにしました。


血の繋がった、家族だもの、意地悪で言っているんじゃないこと、

わかってくれていたらいいなあ。


と言うことで、


沖縄に来ることをなんとか諦めてもらった翌日、

沖縄本島にも、離島にも感染者が増え始めました。


30人近い、感染者が出た与論島に関しては、

コロナに対応できる病床が、

1つしかないとのことで、

患者さんが奄美に搬送されたとか。


人間関係までも、微妙な気持ちにさせる、

この状況も、1年から2年の辛抱かもしれません。

それを前提に、何が起きても、驚いたり、

経済的なリスクを背負わなくていいように、


ゆる~く、ゆる~く、充電休暇をいただいた気分で、

私、のんびり仕事を続けていこうと思います。


もうじき8月になりますが、

楽しい未来を想像しながら、

そこに向けて周波数をあげていきたいと思います。