« EPO Run up to the 40th anniversary "The Organ Bank" | 日記TOP

2019年7月 9日

●『EPO THE・ヒット・パレード・パラダイス・プレミアムLive』 無事に終了しました。

7.7日二子玉川にある、ジエミニ・シアターにて、
『EPO THE・ヒット・パレード・パラダイス・プレミアムLive』
が、無事に終了しました。
みなさん、本当にありがとうございました。

チケット発売とともに、あっという間に完売になった、
このライブ。
プレミアな選曲に、新曲も3曲ご披露いたしました。
みなさんからの反応も良くて、嬉しかったです。

今回のライブで、私にお声がけくださったのは、
東京おとぼけキャッツのダディー・竹千代さん。
この小屋のオーナーでもあります。
東京おとぼけキャッツといえば、メンバーそれぞれのテクニックがすごい!
エンターテイメントなロックShowとでもいうようなステージで、
そのメンバーを歌と巧みなMCで束ねているのが、ダディーさん。
みんな、役者なんじゃないか?と思うぐらいのs馬らしいパフォーマーたちでした。
昨夜は、懐かしくてYOUYUBEで、90年に行われた、
彼らのLiveを堪能しておりました。

私がデビューの頃に、ニッポン放送で、
毎週土曜日、夕方17:00から、生番組を
ダディーさんと担当していて、
それをご縁にダディーさんと仲良くさせていただいていました。
久しぶりの再会も嬉しかったし、
センチのみなさんにとっても、
ダディーさんとは対バンでご一緒していた、
時代の仲間。

会場には、デビュー当時からの懐かしい知り合いの方々も、
たくさん見えていて、
とても嬉しい時間でした。

いよいよ来年は40周年。
35周年のアニバーサリーが終わってから、
ゆるゆると、沖縄での生活を楽しみながら、
次なる作品を作り続けていました。

何しろ、今の私には、
CD化していない、40曲近いストックがあって、
そこから選ぶのですから、本当に迷ってしまいます。
でも、ライブをやって、少し、方向性が見えてきたような気がしました。

大人文化祭の時も来てくださったこのお二人。
元シンバルズで、プロデューサー、ドラマーの矢野博康さんと、
なんと?北野武さんの息子さんで、
大手広告代理店でアートプロデューサーをされてる、
北野さんも、いらしてくださり、今回のLiveを大絶賛いただきました。
少し、若い世代の人たちにも興味を持っていただき、
本当に嬉しかったです。

ライブが終わってから、彼らとも、お話をさせていただいたんですが、
なんと?
今、30代を中心に、その年齢から、上と下の世代に、
80年代、90年代のJPOPブームがきているんだそうです。
そういう意味でいうと、
7.7のライブの内容は、若い世代にも、ドンピシャ!だったとのこと。
日本のみならず、JPOPは、海外のマニアックなファンの方々にも支持されていたり、
アジア諸国でもカバーする人が多く、
特にアナログ盤は海外でも、
すごく高い値段で売り買いされてるらしいそうです。

時々、中国にいるどなたかが、
私の作品をカバーしているとのことで、
海外からの印税も入ってきたりしています。

漢字なので、どの曲なのか、わからないのですが。
笑。
4月に、うちの会社にも、
『ファイヤー&スノウ』というアルバムを、
アメリカの Clubで取り上げたいので、
EPOに歌いにきてもらえないかという打診があったばかりでした。

難しいことは考えず、
耳と心に残る、楽しくてきゅんとなる、
純粋なPOPSを40周年に発表するのがいいのかな?

他にやりたい世界は、AQUANOMEや、
オルガン・バンクでできるから。

当日のライブを素敵にレポートしてくださった、
加藤正之さん。
許可を得て、投稿をシエアさせていただきますね。

正しい新曲のタイトルは、
『哀愁のLost love』
『王子様は迎えに来ない』
『後悔させたい』
でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、宮川 永子さんを含む、、スマイル、テキスト
加藤 正之さんは宮川 永子さんと一緒にいます。

2019年7月7日(日)
EPO ヒットパレードパラダイス premium
二子玉川GEMINI Theater

私について
疑似恋人達の夜
愛を
雨のめぐり逢い
センチメンタル・シティ・ロマンス
哀愁のロスト・ラブ(新曲)
土曜の夜はパラダイス

SOMEDAY
泣いたプライド
もう王子様は迎えに来ない(新曲)
Go on my way
後悔させるわ(新曲)
DOWNTOWN
Gift~あなたはマドンナ

また逢う日まで
う、ふ、ふ、ふ

↑曲順や新曲の名前などうろ覚えです...(^^;

久しぶりのセンチメンタルシティロマンス・告井延隆さんとの本格的なライブでありましたが、注目の新曲の披露のみならず、
以前と同じく、同世代の方々と往年を懐かしむ内容も盛り込まれていました。
挙げられたのは山本直純さんや小林亜星さんといったビッグネーム。『エールチョコレート』『酒は大関~』や『ブルーダイヤ~』などが口ずさまれました。
それから何と『木綿のハンカチーフ』をワンコーラスも。EPOさんのファンなら間違い無く感涙モノ!

こういったヒットナンバーでのライブは、ビルボードライブの前は鈴木茂さんらレジェンドミュージシャンとのセッションだったかと思いますが、
センチメンタルシティロマンスの演奏に再び帰り着いたEPOさんは、故郷に戻ったかのような安心感に満ちていたような感じがしました。
ちなみに、センチの演奏ではおそらく初となる『泣いたプライド』では、センチの颯爽とした演奏がなぜかドロドロした内容と調和し、曲の完成度を昇華させるという、思わぬ化学反応のようなものを感じました!

また、これまでのライブでは、ポップなナンバーでも「歌う」こと=「表現」であったように見えたのに対し、
昨日は「歌う」ことで、「表現」を越えて曲そのものと一体になったかのようなEPOさんが見られたように感じました。
EPOさんの、心の奥底から生まれた新曲を披露された満足感もあったのではと思います。観客の反応でリリースを決めるという形でしたが、実質的にリリースに向けたお披露目となりましたね。

これまでのEPOさんが『静』とすれば、今回のEPOさんはまさしく『動』だったと言って間違いないと思います。
これまでは抑え込んでいたようなエネルギーを発散させるかのように弾けるEPOさんは、今までのどのEPOさんよりも、若々しく輝いていたように思います。

さらに9月からは、"The Organ Bank"として、EPOさんご自身がもっと心の底からやりたかった音楽を掲げた、ライブツアーも始まります。
ますます輝きを増すEPOさんから、今後も目が離せません。