« 境界性、自己愛性人格傾向にある人、その人は、まっすぐな人だからでも、純粋な人だからでもありません。 | 日記TOP

2019年1月21日

●おんちゃんのご長寿珍回答!笑った!

「いろいろ世話になりました。何よりも、

二人が仲睦まじかったことが、とても嬉しい。

心のこもったおもてなしを本当にありがとう」

年末から、お正月、我が家に遊びにきてくれた、

80歳になるおんちゃんから、

嬉しい手紙が届きました。

 宮城県の泉区でひとり暮らしをしている80歳になる叔父。

叔母が怪我をして施設に入っているので、

自分も、もうそろそろ、施設に入ろうかなどと言い出しているところだったのですが、

お正月に、他の兄弟たちや、私たちの友人たちと連日飲み交わして、

楽しいく過ごしたことで、またやる気を取り戻してくれたみたいで、

とても嬉しかったです。

 この叔父なんですが、物や、俳優や、芸能人の名前、

もしかしたら私よりも、詳しいかもしれません。

世の中で起きていることを、ちゃんと感じて、

記憶しており、かなり冴え渡っています。

 何より、私が嬉しかったのが、沖縄の歴史や、

基地のことや、辺野古のこと、

沖縄に深い共感を持っていてくれたことです。

 ある日は、南部戦跡に行きたいというので、

夫のうさちゃんが、車でご案内してきました。

彼は、もともと弁護士になりたかったそうなのですが、

現役時代は、大手会社取締役も務めたエリートだったそうです。

 頭の回転が早く、うさちゃんのつっこみに、

さらにおもしろい返しをしてきます。

彼は、私の大ファンで、ライブがあると夫婦で、

必ず来てくれました。

 お正月、元旦、みんなで食事をしているときに、

突然、彼がこう言いました。

「永子が歌った、あの、なんだっけな?

ざわざわっとする、あの歌!ありゃ、いいな。私は好きだぁー。」

はて?ざわざわっとする、歌とは?

鳥肌のことか?鳥肌が立って、

ざわざわするぐらい、よいという意味なのか?

普通、ざわざわすると言われたら、いろんな想像がめぐりますよね?

テーブル一同、固まり、沈黙。

そして、みんなの頭の上にハテナ??

「おんちゃん、もしかして、サトウキビ畑って、歌のこと?」

と、私が言うと、

「そーだ、そーだ、あんだが歌ったやつは、ありゃ、いいっ!」

と、ざわざわっとする歌を、褒めてくれました。笑。

「おんちゃん、ざわざわじゃなくて、ざわわ、ざわわ、ざわわ、でしょ?」

「あー、そうそう!それだったな。」

このお正月、おんちゃんの、一言一言が、

ご長寿クイズ、珍回答のようで、ずっと

笑いが絶えませんでした。

佐藤家、本当に、明るいです。

 亡くなった、私の父が、人や田舎の兄弟たちに対し、

常に気遣いの人だったということや、

私には、なんと二十七人の従兄弟がいること、

知らなかったことがたくさんわかりました。

叔父たちの表情の中に、私の父の面影が重なりました。

心温まる、素晴らしい2019年のはじまりでした。